宮城・福島・近県エリアでデザイン住宅をトータルプロデュース

menu

宮城・福島・近県エリアでデザイン住宅をトータルプロデュース

VOICE

周囲の目を気にせずに楽しめる自分達だけの時間…

光と緑を感じる優しい住まい

中庭に包まれる家

中庭に包まれる家

中庭に包まれる家
オーナーT様

家族構成 夫婦+お子様1人
エリア 郡山市横塚
建築概要 延床面積:35.57坪/敷地面積:83.64坪
竣工日:2011年12月23日 取材日:2012年5月22日

家創りを意識されたのはいつ頃ですか?何かきっかけはございましたか?

ご主人:
きっかけというか元々転勤を何度かしていて、郡山に転勤になって暮らしてみると住みやすい所だな…と。それでここに家を建てようと思いました。

ラ・ポルトとの出会いは完成現場見学会でしたね。

ご主人:
実は最初は大手メーカーさんと打ち合わせを進めていたんです。何社だったかな…
何度か図面も引いてもらったんですが、いつも私の希望が反映されていなくて、少しずつ疑問を持ち始めたんです。このまま進めていても希望は叶わないのかな、と。ラ・ポルトさんの存在は住宅の本などを見て知っていました。たまたまガレージハウスの見学会のチラシを目にして、行ってみることにしたんです。
奥 様:
娘が生まれてから初めての外出がラ・ポルトさんの見学会だったんですよ!(笑)

見学会の印象はいかがでしたか?

ご主人:
最初に対応してくれたのが佐藤社長だったんですけど、すごくオーラを感じましたね。そこから要望をお伝えして、出来上がってきたプランを見たら自分の希望通りのプランでした。

そこでもうラ・ポルトに決めよう、と思われたのですか?

ご主人:
実はその時はまだラ・ポルトさんともう一社で迷ってまして…
奥 様:
でも何度か見学会にお邪魔するうちに、収納の中の棚とか細かい所まで意識して作ってあるのが確認出来ましたし、打合せを重ねていく中で希望を取り入れるだけではなく、そこに+αの提案をしてくれるのが良かったです。お任せすればきっと素敵な空間になるな、と思えたんです。

工事中の打合せや、職人さんはいかがでしたか?

ご主人:
打合せは全く苦にならなかったですね。担当の松本さんの対応がいつも冷静だったのも良かったです。
奥 様:
私はほぼ毎日現場を見に行きましたが、職人さんも良い人ばかりでしたね。

こだわった所を教えてください。

ご主人:
天井が高いLDK、コートラインで囲われた中庭、あとは塗り壁ですね。お気に入りが詰まったLDKでいつもくつろいでいます。
奥 様:
塗り壁は傷などが心配でしたが、住んでみると壁紙とは違う雰囲気がとても気に入っています。

新しい家で生活して、以前と変わったことはありますか?

ご主人:
予想してなかったんですけど、「家に関すること」がしたくなりました。中庭の玉砂利もそうですしね。
朝も早起きして掃除してみたり…これは自分でも本当に予想外でした(笑)
あとは何より外に飲みに行くことが無くなりましたよ。
奥 様:
そう、外食したくなくなりました。食事は家でしたいと思っちゃいますね。それに家に人を呼びたくなったのも、この家に住んでからのことです。

玄関でお出迎えをする中庭。玉砂利を200袋
以上購入して敷き詰めたT様の力作です。

中庭での生活を満喫されているT様。この日は自家製の燻製に
チャレンジ。お店さながらの燻製が今晩の肴となったようです。

これから家創りをされる方へ一言お願いします。

ご主人&奥様:
これから建てる方は放射能の心配があると思うんです。私たちも悩みましたが、佐藤社長に相談をして、随時放射能値を測定しながら進めるということでお願いしました。結論として新築して良かったです。表層の鋤取をしてコンクリートにすることで建築前より大分数値が下がりましたね。測ってみるとうちの敷地だけ周辺より低いんですよ。数値の低い環境に早い段階で移ることが出来て良かったです。
ご主人:
それと担当の方とのフィーリングは大切ですね。松本さんとはその辺りも合っていました。ラ・ポルトさんのスタッフは良い方ばかりですし、家創りのパートナーとして本当に良かったと実感しています。