宮城・福島・近県エリアでデザイン住宅をトータルプロデュース

menu

宮城・福島・近県エリアでデザイン住宅をトータルプロデュース

VOICE

こだわりのタカラモノが彩る空間が創りたかった…。

家族のフォースが満ち溢れる家

Cool Toy Box

Cool Toy Box

Cool Toy Box
オーナーH様

家族構成 夫婦2人+お子様2人
エリア 白河市大観音前
建築概要 延床面積:40.31坪/敷地面積:93.01坪
竣工日:2010年11月1日 取材日:2012年2月10日

いつ、どんなきっかけでラ・ポルトに興味を持ちましたか?

ご主人:
雑誌で拝見し、スゴく気にはなっていたんだけど、ラ・ポルトさんの建物は高そうで勝手に無理だと諦めていました。
奥 様:
他社で契約寸前まで行ったところで、どうしても外観とかプランが思うように行かなく、どうしようかと悩んでいた時に思い切って電話をしたのがきっかけですね。ホント最後の方は家創りがつまらなくなってて…。
ご主人:
思い切ってラ・ポルトさんに行って良かったと思ってます。

一番初めに当社の建物を見られて印象に残ったことは何ですか?

ご主人:
初めてラ・ポルトさんの事務所に行ったその日の内に伊達の建物(case#041「緑と暮らす家」)を見させてもらいました。『衝撃!』の一言です。
奥 様:
雑誌で写真は見ていて、それから実際の建物を見たので感激しました。
ご主人:
数多くのメーカーさんの展示場を見てきましたが、実際住む家を見せてもらったのは良かったですね。

1stPLANが提出された時の印象はどうでしたか?

奥 様:
一目でこれに住みたいと思いました。ほとんど1stPLANから間取りは変わっていません。今まで他社に出してもらうプランはどこか不満のある所があり、なんか物足り無いもどかしい感じがありました。
ご主人:
ある程度他社でプランを描いていたのでどういう間取りにしたいかは固まっていたのですが、ラ・ポルトさんは僕たちが伝えた要望に+αの提案が必ず有りました。

家創りを考え始めてから完成までの道のりはいかがでしたか?

ご主人:
ラ・ポルトさんの打合せは楽しくて仕方なかった。逆にラ・ポルトさんに決まるまでは大変だったし、苦労しましたけど…。
奥 様:
やっぱり提案力が凄いですね!
ご主人:
期待を裏切らないというか、毎回の打合せがワクワクでした。

こだわりポイントを教えてください。

ご主人:
たくさんこだわりや見所は有りますが、やっぱり僕はテレビボードかな!
他社では造作のテレビボードは高くて出来なかった…。家を創る時には必ず作ろうと思っていました。学生の頃から集めていたフィギュアが飾れるテレビボードは自慢です。
奥 様:
私は、キッチン周りや動線ですね!
ご主人:
そうそう、動線もただ廊下があるだけじゃなく、廊下にも見所がある。
企業コンセプトのHALF+の発想だね!まさにその通りだと感じました!

住んでみて以前の暮らしと変わった所はどこですか?

ご主人:
仕事が終わって、家に帰るのが楽しみになりました。自分の好きなものに囲まれての生活。
後は友達を呼びたくて仕方ない。とにかく自慢の家を観てもらいたい。
奥 様:
動線計画がしっかりしてるので、家事が楽ですね。それと子供たちが私たちよりも喜んでいます。

今後、ラ・ポルトで家創りを考えている方へ、一言アドバイスなどお願いします。

ご主人:
恥ずかしがらず、自分の夢を言った方が良い。恥ずかしがっては駄目だね。全てをぶつけてみる事だね。
奥 様:
他のハウスメーカーを数多く回ったからこそ思いましたが、メーカーさんの言う自由設計は何故か自由の感じがしませんでした。しかし、必ずラ・ポルトさんは想いを形に変えて叶えてくれました!
ご主人:
あと言えることは、震災には正直焦ったけどリアルな耐震テストもバッチリ合格。ラ・ポルトさんの建物は地震にも強いですよ。家族を守ると言うのかな?安心・安全は一番ですよね。

今後ラ・ポルトに望むことは何ですか?

ご主人:
もうそろそろオーナーズクラブを発足しても良いんじゃないかな。年に一回オーナー同士が集まり交流をしても楽しそう。
僕も県南支部長としてラ・ポルトファンを増やしていきたいです。